2007年08月30日

金魚のその後...

ウオジラミの金魚。
元気に過ごしていたようです。
心配しながら帰省して、2週間、パパが先に帰って来ていたので、実際誰もいなかったのは5日間。

とにかく良かったでするんるん
ウオジラミも今のところ居ないようです。
posted by maki at 20:53| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ウオジラミ

帰省する前日のことです。
ふと、金魚を見ていると金魚の目が3つあるように見えました。
よく見てみると目と目の丁度間に何かついています。

寄生虫??と思ったので、早速ネットで調べてみました。
金魚 寄生虫 画像と検索すると、すぐに出てきました。
ウオジラミですexclamation

やはり寄生虫で、毒素を出して血を吸うらしく、ウオジラミがついた魚は皮膚炎になったり、貧血で体力が落ち、衰弱死したりするそうです。

対処は...
まずはピンセットで取る。
1.5%食塩水で水槽ごと薬浴。(まずは0.6%の濃度から)
薬品による薬浴


薬品はまず考えないとして...すごく怖かったけど、魚用の網で金魚を捕まえ、ピンセットで取りました。
金魚が動くし、ウオジラミが結構、吸着してるので大変でしたたらーっ(汗)

とりあえず、ホッとしていると、違う金魚にももう一匹付いてるじゃないですかexclamation
もうショック...バッド(下向き矢印)
こうなったら...とこっちもピンセットで取りました。

そして、体験談を見ながらAcon.(捕まえてピンセットを使ったのでショックに...)→Chin.(体液の喪失)→Sil.(残った虫の組織が出るのを助ける)を水槽に入れました。
本当は水ポーテンシーでよく振ったり叩いたりした水を1日数回ちょろちょろと水槽に入れてあげたほうが良いらしいけど、時間なかったので。

そして、とりあえず0.6%の濃度の食塩水になるように塩を入れて、心配ながらも帰省しました。

丸5日留守にするので、コレ↓を購入し、水槽に入れて行きました。

観賞魚の留守番食テトラ ウィークエンド9g
ラベル:金魚 ウオジラミ
posted by maki at 16:23| 鹿児島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。